読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TRIP LOG

2017年、ヨーロッパ3か国、建築・美術・デザイン巡り一人旅の情報まとめブログ

【22日目】カサ・ミラ、カサ・バトリョを巡る

f:id:miicox:20170425024107j:image

バルセロナ4日目です。碁盤目状の街並みにも慣れてきました。

 

f:id:miicox:20170425024112j:image

朝食。全体的に甘いです。

 

カサ・バトリョへ。

f:id:miicox:20170425024147j:image

朝一番でカサ・バトリョです。

ガウディが手掛けた住居兼賃貸です。

 

f:id:miicox:20170425024140j:image

ファサード

バルコニーが同じようで微妙に形状が違ったりしています。柱も然り。

 

 f:id:miicox:20170425024225j:image

朝一番ですが、列ができていました。

しかし予約してあるので、特に気にすることなく時間通りに入場。

 

 f:id:miicox:20170425024235j:image

入ってすぐの階段。

 

f:id:miicox:20170425024255j:image

家主の階の、大通り沿いの窓。

 

f:id:miicox:20170425025105j:image

音声ガイド付き。

またVRで時々部屋に家具がある様子や、ここで生活していた人のムービーなどが見られるスペースもありました。

 

f:id:miicox:20170425024313j:image

中庭沿いの階段。

 

f:id:miicox:20170425024345j:image

カサ・バトリョを出て近くの床のタイル。

こちらのタイルはカサ・ミラでも室内に利用されているのですが、ガウディに敬意を表して同じものが街中にも配置されているそうです。

 

カサ・ミラへ。

f:id:miicox:20170425024402j:image

こちらカサ・ミラ。現地、または他の国の人は「ラ・ペドレラ」と言っていました。

 

ミラさんが依頼した家なので、カサ・ミラなのですが、見た目的に石切場っぽく見えるので、「石切場」という意味の「ラ・ペドレラ」と呼ぶそうです。

 

f:id:miicox:20170425024412j:image

日本語ガイドあり。

 

f:id:miicox:20170425024420j:image

まず屋上から回るようです。

 

f:id:miicox:20170425023838j:image

煙突がたくさんあります。

 

f:id:miicox:20170425024439j:image

そして一段下へ。

ガウディの作品などに関する展示がありました。

今までのサグラダ・ファミリアカサ・バトリョと比較しても、模型などが多く充実した展示でした。

 

f:id:miicox:20170425024456j:image

床材の展示。

 

f:id:miicox:20170425024506j:image

ガウディデザインのドアノブ。

 

f:id:miicox:20170425024515j:image

天井の彩色もきれいでした。

 

f:id:miicox:20170425024530j:image

こちら家主の階への階段。

カサ・ミラは、ガウディがサグラダ・ファミリアに打ち込む前最後の民間建築だそうです。

カサ・バトリョカサ・ミラ、どちらも美しく、大変よい見学になりました。

 

このあとはバルセロネータ地区ですこし海を眺めて宿に帰りました。

 

明日はミュージアムパス最後の美術館巡りの予定です。